うるおいNET

うるおいというと、まずは肌のことが気になる人がおおいですが、ドライアイやドライマウスなど、人間の体はうるおいが非常に重要なのです。体にうるおいが足りないと、老化現象を促進するだけでなく、病気になる可能性もあります。人の体は、加齢とともに水分量が減少してしまいますが、乾燥肌やこれらの病気の原因は、加齢以外に強いストレスや食生活の乱れ、現代ではエアコンなどによる環境による渇きも、深刻な乾燥の原因のひとつと考えられています。

つまり、現代人の体は、非常に乾きやすい環境にさらされ、健康であるとしてんも体は乾燥している事があるのです。

人が1日の生活の中で、排泄する水分は平均で約3リットルと言われ、この3リットルの水分は食事と水などによって補給する必要があります。ただし、不適切な量の水分を飲みすぎることも健康には逆効果です。体の表面の汚れを水で洗い流すように、体内の浄化ができるようには、人間の体は単純にできていません。水の摂りすぎによって、 水毒といわれる症状を引き起す可能性もあります。何ごとも適度が重用で、乾燥しにくい体を作ることが大切です。水が蒸発する時は、うるおい成分も一緒にを奪ってしまうので、さらに乾燥を引き起こす事になります。では、肌のうるおい成分とは何でしょうか。

うるおい成分のない乾燥した肌は、さまざまな肌のトラブルを引きおこします。特に、肌の一番外側の角質層は、その下の表皮や真皮のバリア機能を行い、肌の乾きも防いでいます。 この、肌のバリア機能は、ラップ程度の厚さしかない薄い層ですが、角質層が水分をたっぷり含み、うるおい成分が充分にある状態であれば、肌の乾燥を防ぐはたらきがあるのです。逆に、水分が少ない状態は肌が乾燥し、ほうっておくと水分がどんどん蒸発して、角質がカラカラになってしまいます。

うるおい成分は、肌の水分を保つ機能を持ち、 角質細胞間脂質の皮脂膜や、天然保湿因子、コラーゲン、セラミドなどの肌のうるおいを保つ成分の働きを、強化したり補助したりします。